文字サイズ
背景色

名護スマートシティコンソーシアムの紹介

本文へ移動

名護スマートシティコンソーシアムは、一般社団法人名護スマートシティ推進協議会の運営する有料の会員制組織です。
当コンソーシアムは、名護の地域課題を自分事としてとらえる様々なプレーヤーが集い、デジタルやBig Data等の先進技術を用い、名護の地域特性を踏まえた「市民の課題(ニーズ)を起点とした取組」を推進する“場”です。
コンソーシアムのメンバーが“響鳴”し合うことで地域の魅力を高めていけるまち=”響鳴都市”を目指します。

名護スマートシティコンソーシアムの活動

名護スマートシティコンソーシアムは、その活動を通して、人や企業がつなぎ・創るあたらしいまちづくりの姿”TSUNAGU CITY”を体現します。民間主導・有志企業主導によるWG活動を中核に、「産・官・学・民」が名護の”まちをより良くするためには” の想いを共有・共感をし、響鳴(行動を起こす)を実現するための活動を行います。

  1. ワーキンググループ(WG)活動
    • 名護市の地域課題に根差したテーマ別WGの組成
    • WG別にスマートシティ事業企画の検討
    • 事業予算獲得(投資/国等事業予算の活用/名護市での予算化)
    • スマートシティ事業の実施(実証事業⇒検証⇒実装)
  2. スマートシティ関連イベントの開催
    • 先進企業によるまちづくり関連セミナー
    • ワークショップやアイデアソン、ハッカソンなど学生やスタートアップとのマッチングイベント
    • 会員企業による先進技術や商材の展示・体験 等
  3. スマートシティ関連情報の提供・会員同士のリレーション構築
    • スマートシティ関連の全国・海外の情報の配信(政府動向・先進事例・優良事例)
    • ICT等の最新技術やノウハウを有する先進企業や行政等の多様な主体とのネットワーキングの機会の創出 等」

ワーキンググループ(WG)活動

名護スマートシティコンソーシアムの活動の中心は、ワーキンググループ(WG)活動です。
名護の地域課題をテーマとしたWGを、会員からの提案に基づき組成し、活動を通して地域課題を解決します。
2022年度に名護市が策定したスマートシティ名護モデルマスタープランに基づくアクションプランの検討やスマートシティ事業企画の詳細化を行います。また、事業予算の獲得(メンバー自らの投資や国事業への応募、名護市での予算化など)を進め、スマートシティ事業を実施(実証事業から検証、実装まで)していきます。

WGの活動は、名護市内に整備するオープンイノベーション施設を中心拠点として、オンラインも活用して行います。そこでは、コンソーシアムに参画する多様なメンバーだけでなく、名護の市民・地場企業・大学も参画するオープンでイノベーティブな議論をとおして、新しい事業をうみだし、名護市をフィールドとして実証します。

検討テーマステータス活動内容(現時点)
観光活動中観光コンテンツ・観光インフラ高度化の検討・実証 (観光情報の発信、人流データの活用etc.)
交通活動中交通利便性の向上施策の検討・実証(交通関連データの活用etc.)、地域人材の育成
農業活動中消費拡大や生産性向上の施策検討・実証 (オムニチャネル化、農業データの活用etc.)
まちなか再開発活動中中心市街地活性化や回遊性向上の施策の検討・実証 (既存施設の活用、交流拠点の創出etc.)
スマートシティ基盤活動中柔軟で利便性の高い次世代データ基盤モデルの構築 (観光データの調査・活用、通信インフラの利活用etc.)
ヘルスケア組成予定高齢者等への支援施策や健康づくり施策の検討・実証 (介護・見守り支援、生活習慣改善、病気の早期発見、etc.)
教育組成予定教育内容・教育環境の向上施策の検討・実証(デジタルコンテンツ、オンライン教育、パーソナライズ教育、etc.)
防災組成予定災害予防や応急対策の検討・実証 (防災教育、防災情報の発信、被害状況の把握、etc)


先行して活動を開始するWG(ワーキンググループ)についてキックオフイベント(2023年7月27日)を開催しました。
イベント概要や当日の様子(YouTubeアーカイブ配信)についてはこちら

オープンイノベーション施設の運営

地域企業・人材育成のための若者向けワークショップやアイデアソン・ハッカソンを開催し、ICT等の最新技術やノウハウを持つ先進企業や行政とのネットワーキングの機会を提供します。

情報提供

スマートシティ関連の全国・海外情報(政府動向、先進事例、優良事例)の配信と、会員から提供される情報の共有を行います。

セミナー等の開催

先進企業による会員限定セミナーの開催や、学生・地域人財とのマッチングセミナーなどを実施します。

入会のお申込み

名護スマートシティコンソーシアムは、さまざまな分野の企業や研究機関が集まり、共同でイノベーションを推進するためのプラットフォームです。新たな技術やビジネスモデルを創出し、業界全体の発展を目指しています。入会いただくことで、専門的なノウハウや最新情報を共有し、協力して新たな価値創造を目指すメンバーと繋がることができます。

名護スマートシティコンソーシアム・会員制度

名護スマートシティコンソーシアム会員には以下の5つの特典があります

コンソーシアムに設置するプロジェクト(WG活動)の提案及び参加

全体会議、セミナー等への参加

オープンイノベーション施設の利用

スマートシティ関連の全国・海外の情報の配信

会員専用Webページの利用・会員間の情報共有

会員区分年会費備考
大企業会員300,000円中小企業会員・新興企業会員・特別会員以外の会員
中小企業会員100,000円資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社並びに
常時使用する従業員の数が300人以下の企業
新興企業会員*130,000円法人設立後15年以内の未上場企業
特別会員なし地方公共団体、学術機関、その他公的団体

*1 法人設立後15年以内の未上場企業であり地域の課題解決に主体的に取り組める企業

【入会申込方法】

  1. 下のボタンから入会申込フォームにアクセスしてください。
  2. 必要事項をご記入の上、送信ボタンを押して申込を完了してください。
  3. 申込後、ご担当者様に入会手続きに関するご連絡を差し上げます。

【規約】

名護スマートシティコンソーシアム 会員規約

名護スマートシティコンソーシアム・WG運営規則

名護スマートシティコンソーシアム 会員規約」及び「名護スマートシティコンソーシアム・WG運営規則」を熟読し、理解 し、同意の上でお申し込みください。